5人これから

ASD家族…50代で臨床心理士になった妻が、家族に、いま思うこと

自分の病気は自分で治して

 漢方薬が6割、残り4割は呼吸法、食事、生活環境!

生活環境の中から「薬抜き part2」 

漢方医に相談すると、薬の副作用に「間質性肺炎」と記載のない頭痛薬を服用するようにと連絡がありました。

 薬物乱用頭痛

夫は今まで多いときには頭痛薬を1日7服とか・・・

ありえない飲み方をする人です。

それが1日1服に抑えているってことは相当な決意。

薬物乱用頭痛の予防と治療について

Mindsガイドラインライブラリより引用します。https://minds.jcqhc.or.jp/n/pub/1/pub0025/G0000155/0049

薬物乱用頭痛の予防と治療の原則は次の3つ

①原因薬物の中止

②薬物中止後に起こる頭痛への対応

③予防薬の投与 

これができるか、というよりやる気があるかどうか。

下手な言い方をすると、意固地になるので話すタイミングをはかっていました。

違う薬を飲めるなら、それを探せばまだなんとかなる!

薬を止められない夫に光が見えたようで、

f:id:goninnkorekara:20191009204958j:plain

ThePixelmanによるPixabayからの画像

わたし急に元気になりました。

平気なつもりでしたが、けっこう神経すり減らしていたようです。

www.goninnkorekara.com

緊張型頭痛

頭痛について、もう一度Mindsライブラリから引用します。

とんでもないぐらい分かりやすく詳しく書いてあります。

もし、頭痛もちの方がおられましたらご覧になってみてください。

これで治す最先端の頭痛治療 「慢性頭痛の診療ガイドライン」市民版 | Mindsガイドラインライブラリ

 

夫さまは、緊張型頭痛、薬物乱用頭痛

緊張型頭痛の発症の仕組みには、未だ不明な点が少なくありません。末梢性要因として筋の緊張が高まって痛みに敏感になっていること、中枢性要因として筋肉をリラックスする能力に欠け、かつ痛みに感じやすくなっているためである、とされています。慢性緊張型頭痛では中枢性要因がより深く関係しているといわれています。

この先はわたしの考えですが、

夫さまはもともと感覚過敏。

この痛みの敏感さをもともとの感覚過敏がさらに強めているのではないかと

 

また、治療の種類の中に、頭痛体操や認知行動療法などの非薬物療法もあるのですが

夫さまは、思い込み、決めつけが強く、一度合わない、効かないと思うと拒否する方。

「どうせだめ」、「効かない」とネガティブ全開で拒否る姿が目に浮かびます。 

ためらいなく言った「無理」

きのう、帰ってきた夫さまに話して見ました。

「先生から連絡きたよ。副作用に間質性肺炎と書いていないのなら飲んでいいと考えている」って

そして、続けて説明しました。

「薬物乱用性頭痛で、頭痛が増えているから

月10日ぐらいに減らして、痛いときに飲める薬探そうか」

「どうする? 病院行く?」

夫さま

間髪いれず、

「月10日? 無理」

「ほかの薬は効かない」

 

前に、効かなかったの知っているけど、病院で相談して一緒に探せばいいでしょ

というか、命かかっているのわかっている???

もうちょっと考えるとか

どうしようかとか

前向きな雰囲気出せないの?

ほんとに腹立たしい

気が向かないと自分で調べようとしない夫さま用に頭痛について文章をまとめておいたのを渡しました。

手にとりましたが見ようとしません。

とりあえず用紙は置いたまま、わたしは去りました。

 

やるだけやろうっていう気持ちにならないの?

どうしてわたしがここまでしないとならないのか

ほんとに自分の病気は自分で治してほしい。

ひとりでいろいろ動いて、わたしの顔に「あほっ」て書いてあるかんじ

いつもなら放っておくのですが。

そうして、薬漬けのまま30年近く経ってしまったのです。

今回は、言わないではいられない。

苦しむ姿が目に見えるからなんとかならないかと思っているのに。

わたし、しつこいなぁ。

 

 

「一ヶ月に10日」は「一ヶ月に10回」ではなかった

「月10日」について補足しておきます。ある日に頭痛の発作が起こったとします。その日の急性期治療薬(頓挫薬)の服用回数と服用量はその薬の用法用量の範囲内に留めてください。頓挫薬を服用した日数の合計が月に10日未満であれば薬物乱用頭痛に陥るおそれは少ないとされています。合計が10日ということは、極端な場合、10日間1日3回鎮痛薬とトリプタンの2錠を連用して、後の20日はお薬を飲まなければよいのです。また3日おきに頓挫薬を服用してもよいということになります。それよりも少な目の月に10回程度の頓挫薬の服用であれば(たとえばある日に1日3回3日間服用すればのべ9回となります。服用日数は3日です)

これで治す最先端の頭痛治療 「慢性頭痛の診療ガイドライン」市民版 | Mindsガイドラインライブラリ

こんな抜け道があったんです。

これはまだ話していない!

これなら少しはやる気になるかも。

座右の銘は「北風と太陽」

イソップ物語の「北風と太陽」

うちの家族は太陽方式で、じんわりあたためないとだめ。

どの家族もそうかな。


きたかぜとたいよう (イソップえほん5)

 


きたかぜとたいよう―イソップ童話

 

北風のように、

一見こちらの思い通りにできたようでいても

結局はストップするときがくる

 

ところがこの太陽方式、

夫さまにはシールドかかっているようでなかなか通用しないのです。

もしかして、異次元に行っていて太陽届かないのかも。

 

子どもたちのほうが本当にやりやすい。

この夫さまとのお付き合い、

子育てで発達障害対応学んでいなければ、絶対もたなかった

・・・いつまでもつか自信はないけれど

 

その太陽の熱源ってわたしなの?

わたしの熱源はどこ?

わたし、焦らず優しくって思っているうちに、エネルギー切れてぶちぎれるんですけど。

そして私のイライラ様子をみて、さらに夫さまのシールドが厚くなる。

今日は、この解決法がみつからない。

とりあえず、散歩でもするか。

と思ったら雨の音。

今日はロールキャベツ作ろう!

子どもたちの好物

だれかが喜んでくれたら元気になれるかな。

・・・夫さまの好物ではなく子どもの好物!

自分に正直なところを残しておく。これ大切(笑)