5人これから

こんな子育て、こんな家族がありますという話。

「子どもは小さな大人ではない」(ルソー)

ちょっとお知らせです。 夫さまの特発性間質性肺炎に関するブログを作りました。 今後は、病気についてはそちらに更新していきます。 ottosama.hatenablog.com 家族の協力 家族でお話し 「大人に近づける」ための教育 を反省 「子どもは小さな大人ではない」…

便秘解消と思ったら、咳止めの副作用が

~はじめに~ このブログは、「子育て」と「夫さまの特発性間質性肺炎」についてです。 この二つのカテゴリー、書き手の位置の違いが大きいので、 読んでくださる方、困るだろうなと思っていました。 わたしの中では、 発達障害の人のこだわりや感覚過敏は、…

抑圧が癖、~これからの不登校への願い

次男のことを考えると いつも申しわけない気持ちでいっぱいになります。 流産して半年位してから授かった子。 生まれるときから私を喜ばせようとしていたみたいな。 次男の成長についてと、不登校の今後について思うことをまとめました。 真ん中っこ症候群 …

新聞奨学生:発達障害の診断は何のため

新聞奨学生 つづき です www.goninnkorekara.com もうひとつの辞めそうな危機はこれです。 公休のときに、代わりに行ってもらうコースを記録していないと怒られた どこでも働けるようにしたよ 発達障害の情報はあふれている 自閉スペクトラム症:孤立型・受…

新聞奨学生:ASD息子の職場にお願いしたこと

実は、息子がどのようにして新聞販売店になじめたのかわからないのです。 記憶はおぼろげですが、わたしが知っているのは、2回辞めそうな危機があったこと。 新聞配達奨学生の仕事で 息子に通じないところ 息子の職場にお願い 親が職場に口出ししたのは良か…

キャンプの恩恵、思い込みからちょっと離れると少し見えた

毎日の生活、 わたしの小言、その元にわたしの思い込みがけっこうあるのです。 恒例キャンプ A型行動パターン スパルタ指導にもよいところがあった それ必要ないと思う キャンプに行かなくなった今 フライパンは鉄がいい まとめ 恒例キャンプ 娘が1歳のとき…

自分の病気は自分で治して

漢方薬が6割、残り4割は呼吸法、食事、生活環境! 生活環境の中から「薬抜き part2」 漢方医に相談すると、薬の副作用に「間質性肺炎」と記載のない頭痛薬を服用するようにと連絡がありました。 薬物乱用頭痛 緊張型頭痛 ためらいなく言った「無理」 「一ヶ…

治療の前にこれ止めて!

漢方薬が6割、残り4割は呼吸法、食事、生活環境! 今日はこの中の生活環境から「薬抜き!」について書きます。 固いです。長いです。闘病記録なのでお許しを。 漢方医に相談したとき、飲まない方がいいね、と言っていましたが、強く止めるようにとは言われま…

特発性間質性肺炎の治療始まる① まず検査機器購入

特発性間質性肺炎、 漢方薬で治療を始めました。 mac8739によるPixabayからの画像 主治医に、他の診療所の漢方治療を受けたいことを伝えました。 「どの医者も賛成はしないと思う」と。 でも、非難はされませんでした。 今まで、いろいろな病気で医師に怒ら…

それでも意味ありますか?

わたしが子育てをしたころ、怒らないしつけが全盛期でした。 実家がいつも言い争いをしていたので、穏やかな家族に憧れたのかもしれません。 怒っている自分になるのは好きではないですが、やるべきことは教えていました。でも思うようにはならず。 個人懇談…